ボイスチェンジャーとは「変声機」です

テレビなどでは良くみたりするけど、我が家にも実はおもちゃであるんです。機械的な声と宇宙人系の声を出す物。これでしゃべるのは実に面白いんです。 歌を歌った時は何だこの声。と思うくらいで本当にテレビで言ってるのを見るのと同じ様な言葉を言えば本当にテレビで見たまんまの声がするんです。 誰が言ってるか分からないので誰でしょう。なんてゲームも出来ちゃいます。マグネットシート 印刷 
でも、あくまでも機械の声なのでやっぱりアニメみたいな特定の人の声って出せるのはないのだろうか。 それがあれば本当にその人になったつもりで話したり出来て、もっと楽しいだろうなって思う。声のものまねとかする人はいるけど、 ボイスチェンジャーで出来たら画期的だろうなって思う。
パーカーストア そう考えるとボイスチェンジャーって夢があるなって感じる。自分ではない誰かになれるような気がする。世の中を探せばそういったのってあるのかな。 沢山の人の声を出して、電話で話したりしたら楽しいんだろうな。声で特定出来ないと誰か分からないだろうし、自分の声じゃない声が聞こえるとなると、 その声の誰かになりすましたりも出来るかもしれないですね。
勝手に好きな人に告白しちゃったりも出来るし、勇気がない人を勇気つける事も出来ると思う。 声って本当に人にとっては大事だし、声もその人の特徴だから、変えれたら人生の楽しくなるかもですね。

声と言うのは、人の特徴で見分けるポイントにもなります。例えば電話は声しか分かりませんが、 いつも話して聞き慣れている声であれば声色で誰か分かる事もあるでしょう。 そのくらい人にとって声とは聞き分けのポイントになるのです。
この声を自由に変える事が出来れば楽しいと思いませんか?自分の声が違う声に出来れば話しをしても誰か分からないですし、聞き分けも出来ないでしょう。 良く電話をする仲の良い友達などに電話する時もいたずらで変な事を言っても気づかれる事はないと思います。 ただ、機械的な声になるので、ボイスチェンジャーを使っているのはバレバレだと思います。








スペシャルサンクス